読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城田優 ANN 生歌 Part 5

城田優のオールナイトニッポン

生歌 コーナー パート ファイブ

パート ワン  パート ツー  パート スリー  パート フォア

-----

カラオケ

第61回 2010.03.29 城田優 - 卒業

第62回 2010.04.05 城田優 - 卒業

第63回 2010.04.12 GLAY - a Boy ~ずっと忘れない~

第64回 2010.04.19 AI - STORY

第65回 2010.05.03 DEEN - 夢であるように

第66回 2010.05.10 SIAM SHADE - 1/3の純情な感情

弾き語り

第67回 2010.05.17 アンジェラ・アキ - 輝く人

カラオケ

第68回 2010.05.24 猿岩石 - 白い雲のように

第69回 2010.05.31 SMAP - 世界に一つだけの花

第70回 2010.06.07 EXILE - ふたつの唇

第71回 2010.06.14 TUBE - 虹になりたい

第72回 2010.06.21 Mr.Children - innocent world

第73回 2010.06.28 城田優 - ぼくがいる

-----

第61回

今天是公開錄音的內容

這次醬優自彈自唱了自己寫的卒業

跟以往不同的是......這次是彈鋼琴......但好像不是他自己彈的樣子……

關於歌詞~等我聽出來後再補上~~~

第62回

是的

他又播了上禮拜的那首歌

一整個不想聽寫歌詞就慢慢拖吧~~~

第63回

這禮拜應該是這首歌

沒錄到無法做確認

昨天聽的感想是醬優不要再唱了~~~

很吃力的感覺……

第65回

今天聽到一半突然自動關機

真是嚇的我都不知道節目進行到哪了……

今天這首歌沒聽到但感覺還不錯

先不說這個......小康妮怎麼被換掉了!!

第66回

很久沒錄到那麼清楚的唱歌了……

不過這也要托日本放送跟岩手放送都沒聲音的福

今天好像是錄山形(?)的廣播

這次是劍心的片尾曲(?)

剛好符合今天的主題–遠距離戀愛

但城田優......你一直破音吧!!(指)

最後小康妮又回來了~~~

第67回

久違的自彈自唱

果然還是這樣比較好聽啦!!

捨棄卡拉OK好嗎!?城小優

第69回

一隻花......好久沒聽了!!

有點懷念的說(笑)

是說今天的廣播我很認真的在看一条由香莉的Pride

所以中間突然出現阿葉的聲音讓我嚇一跳

第70回

真是履試不爽!!

每次只要我想早點來睡覺的那天一定是禮拜一

怎麼會這樣啊~~~

第73回

因為導演(?)換人節目有所更變

像是僵屍講座跟聽錯歌詞……等

但具體節目流程還沒出來

所以生歌這單元就當是最後一回來演唱

城田優是這樣說的!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.03.29 城田優 - 卒業

作詞/作曲:城田優

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.04.12 GLAY - a Boy ~ずっと忘れない~

たった独りの戦いを今でも誇りに思うよ

夢見る全て かなえようと wow LONELY WAR

憤りの砂を噛み wow 空しさを抱いて寝る Everyday wow Everynight

脇目もふらず駆け抜け 青春って奴を捧げたけど

ふいに理由もなく恐くなる wow LONELY BLUES

電話の声の君はいつも安らぎに満ちていて 一時の温もりを与えてくれる

お前の心 孤独と背中合わせて 失くしてた自分の1/2を求めてく

華やかな街を通り抜け路地裏の片隅で

したたかに産まれ生きてく 子猫の様に

ビルの風 欲望の渦 踊りながら すり抜けてゆくよ

口笛を吹きながら

これでも ちっぽけなプライドを抱えながら暮らしてる

現実の辛さ ハカリにかけて wow バランスを

取ろうとする そんな夜は wow 自分を見失うんだ

愛をなぞる言葉さえ 忘れてゆく wow

wow wow wow

時が過ぎても あの笑顔を忘れない たとえ土に還る事が人間の宿命だって

愛すれば愛するほどに切なさが募って

会えない夜が やけに 身悶えるけど

もしも 涙 こらえきれず こぼれそうなそんな時には この詩を

華やかな街を通り抜け路地裏の片隅で

したたかに産まれ生きてく 子猫の様に

ビルの風 欲望の渦 踊りながら すり抜けてゆくよ 歩いてゆくよ

口笛を吹きながら

作詞/作曲:TAKURO

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.04.19 AI - STORY

限られた時の中で

どれだけのコトが出来るのだろう…

言葉にならないほどの想いを

どれだけアナタに伝えられるのだろう…

ずっと閉じ込めてた

胸の痛みを消してくれた

今 私が笑えるのは

一緒に泣いてくれたキミがいたから

一人じゃないから

キミが私を守るから

強くなれる もう何も恐くないヨ…

時がなだめてく

痛みと共に 流れてく

日の光がやさしく照らしてくれる

説明する言葉も

ムリして笑うコトもしなくていいから

何かあるなら いつでも頼ってほしい

疲れた時は 肩をかすから

どんなに強がっても

ため息くらいする時もある

孤独じゃ重い扉も

共に立ち上がればまた動き始める

一人じゃないから

私がキミを守るから

あなたの笑う顔が見たいと思うから

時がなだめてく

痛みと共に流れてく

日の光がやさしく照らしてくれる

時に人は傷付き、傷付けながら

染まる色はそれぞれ違うケド

自分だけのStory

作りながら生きてくの

だからずっと、ずっと

あきらめないで…

一人じゃないから

私がキミを守るから

あなたの笑う顔が見たいと思うから

時がなだめてく

痛みと共に流れてく

日の光がやさしく照らしてくれる

作詞:AI 作曲:2 SOUL for 2 SOUL MUSIC.INC.

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.05.03 DEEN - 夢であるように

答えが見つからないもどかしさで

いつからか空回りしていた

違う誰かの所に行く君を責められるはずもない

なんとなく気づいていた 君の迷い

夢であるように 何度も願ったよ

うつむいたまま囁いた言葉 悲しく繰り返す

激しい雨に 僕の弱い心は強く打たれ

すべての罪を流して欲しかった

期待と不安が降りそそぐこの街で

僕は道を探して

君は隣で地図を見てくれてたね

やわらかな季節を感じながら歩けるような恋だった

夢であるように 瞳を閉じてあの日を想う

風に抱かれて笑っていたふたり

そして朝陽が差す頃 僕の腕の中

眠る君の優しい幻を見ていたい

夢であるように 心の奥で永遠に輝け

君との日々は等身大の僕だった

いつか描いてた未来へ もう一度歩きだそう

たとえすべてを失っても 何かが生まれると信じて

きっとふたりの出逢いも 遠い日の奇跡だったから

作詞:池森秀一 作曲:DEEN

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.05.10 SIAM SHADE - 1/3の純情な感情

壊れるほど愛しても 1/3も伝わらない

純情な感情は空回り I love youさえ言えないでいる My heart

長くて眠れない夜が 君への想い

“それは恋なんです"と囁くよ

とめどなく語りかける揺れる鼓動は

微熱混じりの 溜息へとかわる

Give me smile and shine days

君のsmileで

凍てつく夜の寒さもGoodにらえられる

壊れるほど愛しても 1/3も伝わらない

純情な感情は空回り I love youさえ言えないでいる My heart

真夏の雨のように 渇いた素肌 潤す君の笑顔がまぶしくて

Give my smile and shine days

急に澄まさないで

どんなに困難で難関な壁も越えるから

どれだけ君を愛したら この想い届くのだろう

見つめられると言えない 言葉が宙に舞う

離れれば離れるほど 愛しい人だと気付く

求めれば求める程に 切ない距離を感じてる My heart

Give me smile and shine days

Give me smile and nice days

もしもこの腕で君と抱きしめ合えたんなら…

どれだけ君を愛したら この想い届くのだろう

夢の中では確かに 言えた筈なのに

壊れるほど愛しても 1/3も伝わらない

純情な感情は空回り I love youさえ言えないでいる My heart My heart

作詞/作曲:SIAM SHADE

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.05.17 アンジェラ・アキ - 輝く人

安全地帯の家を出て 鞄を両手に抱えて

毎朝歩く孤独の一歩道

太陽が僕を見捨てて 自分の影が薄れていく

誰も気づかないけれど この胸は泣いている

輝く人になりたくて

目を閉じて想像してみる

たくさん笑い 恋もしたり

きっと幸せだろう 幸せだろう

言葉が僕を見捨てて 届かぬ思いだけを残す

誰も聞こえないけれど この胸は叫んでいる

輝く人になりたくて

目を閉じて想像してみる

たくさん笑い 夢も見たり

きっと幸せだろう 幸せだろう

鏡に映る自分が嫌いですか、好きですか?

(You gotta learn to love yourself)

人に見られる自分は 鏡に映る自分だから

輝く人になりたくて

目を閉じて想像してみる

輝く人は自分の中で

見つけ出さなきゃいけないから

透き通る瞳を逸らさないで 逸らさないで

輝く人は自分の中に

必ずいると信じてる

たくさん笑い 夢も見たり

きっと幸せになれるだろう

いつの日か この僕も

作詞/作曲:アンジェラ・アキ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.05.17 猿岩石 - 白い雲のように

遠ざかる雲を見つめて

まるで僕たちのようだねと君がつぶやく

見えない未来を夢見て

ポケットのコインを集めて

行けるところまで行こうかと君がつぶやく

見えない地図を広げて

くやしくて こぼれ落ちたあの涙も

瞳の奥へ沈んでいった夕日も

目を閉じると輝くだから宝物だよ

風に吹かれて消えてゆくのさ

僕らの足跡

風に吹かれて歩いてゆくのさ

白い雲のように

風に吹かれて消えてゆくのさ

僕らの足跡

風に吹かれて歩いてゆくのさ

白い雲のように

白い雲のように

白い雲のように

遠ざかる雲を見つめて

まるで僕たちのようだねと君がつぶやく

見えない未来を夢みて

見えない未来を夢みて

白い雲のように

作詞:藤井フミヤ 作曲:藤井尚之

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.05.31 SMAP - 世界に一つだけの花

No.1にならなくてもいい

もともと特別なOnly one

花屋の店先に並んだ

いろんな花を見ていた

ひとそれぞれ好みはあるけど

どれもみんなきれいだね

この中で誰が一番だなんて

争うこともしないで

バケツの中誇らしげに

しゃんと胸を張っている

それなのに僕ら人間は

どうしてこうも比べたがる?

一人一人違うのにその中で

一番になりたがる?

そうさ 僕らは

世界に一つだけの花

一人一人違う種を持つ

その花を咲かせることだけに

一生懸命になればいい

困ったように笑いながら

ずっと迷ってる人がいる

頑張って咲いた花はどれも

きれいだから仕方ないね

やっと店から出てきた

その人が抱えていた

色とりどりの花束と

うれしそうな横顔

名前も知らなかったけれど

あの日僕に笑顔をくれた

誰も気づかないような場所で

咲いてた花のように

そうさ 僕らも

世界に一つだけの花

一人一人違う種を持つ

その花を咲かせることだけに

一生懸命になればいい

小さい花や大きな花

一つとして同じものはないから

No.1にならなくてもいい

もともと特別なOnly one

作詞/作曲:槇原敬之

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.06.07 EXILE - ふたつの唇

君との時間だけが本当の自分

服を脱ぎ捨てたのは心

ふたつの唇さえあれば十分

言葉じゃない方法で話そう

誰も生まれてくる星 選ぶことはできない

でも今ここで君と出会えた

めぐり会えるまでに流れた時間くらい

僕の口づけで埋めようYour Lips

抱きしめる強さで想いをはかれたら

きっとふたりは恋人以上なのに

迷路のような街 めぐり会えた奇跡

声に出さず ふたりで叫ぼう

唇をかさねたら まわる地球

ふたりを追いかけるMoonglow

夜の帳につつまれ 手さぐりで交わす愛

まぶたを撫でて魔法をかけるよ

僕の熱いものは君に届いてるかい?

そっと口づけて灯そうFire

傷つけあいながら情熱たしかめて

微笑み交わし 心の火照りをさます

隠したいことはない 君を守りたいだけ

闇の中で見つけた愛だから

突然の雨が頬を濡らす 離れた場所からひとり想う

会えない時間こそがふたりの愛のかたちを決めたのだから

そんなに自分責めないで うつむいた顔を上げてごらん

泣き顔よりも笑顔のほうが 君にはよく似合うはずだから

ほかの誰も知らない あまい秘密 抱えこんで

ほかの誰も見えない 景色をさがす

抱きしめる強さで想いをはかれたら

きっとふたりは恋人以上なのに

迷路のような街 めぐり会えた奇跡

声に出さず ふたりで叫ぼう

闇に光れ ふたつの唇

作詞:Kiyoshi Matsuo 作曲:Jin Nakamura

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.06.14 TUBE - 虹になりたい

涙がにじんでいる 君の瞳見れない僕

求めては止まない日々に 壊れてく心

この胸憶えている 二人で追いかけた夏

笑いかた忘れた僕は もうだめかも知れない

この空を飛べると いつでも信じてた

僕はいつから 夢を見ない

あの虹になれると 寄り添って歩いた

恋も雨だけ続いてる

届かない君にだけ こんなに愛してるのに

想い出が増える分だけ 短くなる夢の続き

未来が急かされてる  遠すぎた三度目の夏

傘もなくふるえる花は もう終わりかもしれない

この海に負けない 愛情で包んだ

君がいつから 僕を見ない

七色の幸せ 星空の約束

今も晴れない雨の中

キラキラ流れてゆく 瞳にあふれる願い

つまづいて傷付きながら 虹を探す 旅の途中

この空を飛べると いつでも信じてた

僕はいつから 夢を見ない

あの虹になれると 寄り添って歩いた

恋も雨だけ続いてる

夢より大事なもの? 愛より大切なもの?

たどり着く場所は君だと 気がついたよ 旅の終わり

空に咲く虹になりたい

作詞/作曲:前田亘輝

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.06.21 Mr.Children - innocent world

黄昏の街を背に 抱き合えたあの頃が 胸をかすめる

軽はずみな言葉が 時に人を傷つけた そして君は居ないよ

窓に反射する 哀れな自分が 愛しくもある この頃では

Ah 僕は僕のままで ゆずれぬ夢を抱えて

どこまでも歩き続けて行くよ いいだろう?

Mr.myself

いつの日も この胸に流れてるメロディー

軽やかに 緩やかに 心を伝うよ

陽のあたる坂道を昇る その前に

また何処かで 会えるといいな イノセントワールド

近頃じゃ夕食の 話題でさえ仕事に 汚染されていて

様々な角度から 物事を見ていたら 自分を見失ってた

入り組んでる 関係の中で いつも帳尻 合わせるけど

Ah 君は君のままに 静かな暮らしの中で

時には風に身を任せるのも いいじゃない

Oh Miss yourself

物憂げな 6月の雨に 打たれて

愛に満ちた 季節を想って 歌うよ

知らぬ間に忘れてた 笑顔など見せて

虹の彼方へ放つのさ 揺れる想いを

変わり続ける 街の片隅で 夢の破片が 生まれてくる

Oh 今にも

そして僕はこのままで 微かな光を胸に

明日も進んで行くつもりだよ いいだろう?

Mr.myself

いつの日も この胸に流れてるメロディー

切なくて 優しくて 心が痛いよ

陽のあたる坂道を昇る その前に

また何処かで 会えるといいな

その時は笑って 虹の彼方へ放つのさ イノセントワールド

果てしなく続く イノセントワールド

作詞/作曲:桜井和寿

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010.06.28 城田優 - ぼくがいる

作詞/作曲:城田優

-----